この記事をシェアする

キャッシング審査とクレジットカード審査の違いとは?

クレジットカードとキャッシュカードの査定は似ているところもありますが、各々の特長があります。

カードを作成時に際しては、キャッシングカードよりクレジットカードの方が査定規格が困難な面があるといいます。

加えて、カードを作れる対象に関しては、アルバイト中や主婦でも、クレジットカードを用意する事は困難にないのです。

キャッシングカードの時は、定職につき収入を持たないアルバイトや主婦には活用できないという事があるようです。

キャッシング査定の方がクレジットカード査定よりも査定が甘いと必ず的に言える訳ではないようです。

この差異は、キャッシング査定ではカスタマーの返金キャパシティーと償還意志を優先している点によるものでしょう。

査定水準は昔からどんどん一定ではなく、貸金業法の規制などの結びつきで査定水準はきつくなっています。

キャッシング企業の人は、この人はキッチリとお金を返してくれるだろうか、収入が無くなる事はないだろうか、入金期日は守って償還してもらえるだろうかと、自動査定だけでなく、キャッシング企業の人が、個別に査定しているのです。

この様に査定をみてみるとクレジットカード査定よりもキャッシング査定の方が査定が通りやすいと安易に言えない事が理解いただけます。

査定に必要になる時はキャッシング法人の方が早く済み、クレジットカードは申請からカード発行まで時がかかります。

エントリーをしたその日のうちに査定が終了し、借金できるなところもあります。

急ぎでお金が必須な時には、キャッシング法人に申請をするというのは、大変重宝に使えますね。

キャッシング審査について

キャッシング審査とはキャッシングを利用する場合に『返済する能力の審査』を指します。
貸す立場からすると相手のことを把握していないときちんと回収できるかどうかわからない
ので、重要になってきます。

クレジットカード審査について

クレジットカード審査はカード発行会社によって審査の基準が違います。
基準が甘いもののあれば厳しいものもあります。
クレジットカード審査に通らない理由について
1.属性がカード発行基準を満たしていない
2.カードやローンの利用履歴がまったくない
などがあげられるみたいです。

この記事をシェアする
フォローする

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です