この記事をシェアする

オリジナルテーマを作成する方法を理解しよう

オリジナルテーマを作る2種類の方法

1.『既存のテーマをベースにカスタマイズする方法』

2.『ゼロから作成する方法』

の2種類がある。

『テーマをゼロから作成する方法』のサイト制作の流れ

・サイトの設計・デザイン⇒HTML+CSSでのコーディング⇒WordPressのテーマ化

テーマ作成の基本作業

    wp-content/themesにテーマのディレクトリ作成

wp-content/themesディレクトリに、テンプレートファイルなどのテーマファイルを格納するテーマのディレクトリ作成する
ディレクトリ名はテーマに準じたものにする。

    テーマのディレクトリにstyle.cssを作成し、テーマ情報を記述する

テーマのディレクトリにstyle.cssを作成し、コメントの形式でテーマの情報を記述する。

☟style.cssに記述するテーマ情報

/*

Theme Name:テーマの名前(必須)

Theme URI:テーマのサイトのURI

Description:テーマの説明

Author:作者名

Author URI:作者のサイトのURI

Version:テーマのバージョン

Tags:テーマの特徴を表すタグ

License:テーマのライセンス

License URI:テーマのライセンスのURI

*/

    テンプレートファイルなどを作成する

index.phpは必須ファイルです。

WordPressはindex.phpとstyle.cssがないテーマは正しいテーマと認識しない。

親テーマと子テーマ

子テーマとは、あるテーマをベースとなる親テーマを指定し、そのデザインや機能を引き継ぐことができる。

親テーマの構造や機能を継承しつつ、子テーマ独自にデザインを変更したり、機能を追加していくことができる。

  • 子テーマの作り方

子テーマを作成するには、通常のテーマ作成同様、wp-content/themesディレクトリに、子テーマのファイルを格納するテーマのディレクトリを作成し、style.cssを作成する。

☟子テーマのstyle.css

/*

Theme Name:oshipov-child //子テーマの名前(必須)

Template: oshipov  //親テーマのディレクトリ名

*/

function.phpだけは、子テーマ→親テーマの順番で両方のファイルが読み込まれる。

☟子テーマのfunction.phpに記述する際の注意点

  • 親テーマにない関数は、子テーマで定義できる
  • 親テーマでfunction_exists()関数で定義済みかどうか調べているもの。『子テーマで定義していなければ、親テーマのものを使う』ということなので、同じ関数名で定義可能
  • 上記以外のものは、同じ関数名のまま子テーマで変更を加えようとするとエラーになる。

まとめ

オリジナルサイトを最初から作成しようとすると、この辺をきちんと理解しておかなければいけないので、CSSやPHPがわからない人は既存のテーマをカスタマイズしていく方法がいいように思う。

どうしても、オリジナルサイトがいいという人は、この辺からしっかり理解していくことをおすすめする。

この記事をシェアする
フォローする

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です