この記事をシェアする

テンプレートファイルを分割する

共通部分をモジュールテンプレートファイルとして分割

多くのサイトでは、ヘッダーやフッター、サイドバーなどはサイト全体で共通して表示されている。

共通部分は、それぞれのテンプレートファイルに記述するのではなく、モジュールテンプレートファイルとして分割して読み込むようにしておけば、一元化して管理できるようになる。

テンプレートファイル分割

ヘッダーやフッター、サイドバーは、よくある共通部分なので、WordPressにはあらかじめこれらを読み込むためのテンプレートタグが用意され、読み込まれるファイル名も決められている。

この規則を利用してヘッダー用のテンプレートファイルの名前は「header.php」、フッターは「footer.php」、サイドバー用は「sidebar.php」とする。

これらをページを表示するためのテンプレートファイルから切り離す。

切り離したモジュールテンプレートファイルを読み込む

切り離したモジュールテンプレートファイルを読み込むには、「インクルードタグ」というテンプレートタグを使う。

header.php get_header()
sidebar.php get_sidebar()
footer.php get_footer()

切り離したモジュールテンプレートファイルはインクルードタグで読み込む。

読み込むモジュールテンプレートを使い分けたい場合

固定ページやブログでサイドバーを使い分けたい場合は「sidebar-page.php」と「sidebar-blog.php」と名前をつけて、ハイフンよりあとの名前の部分をパラメータとして指定する。

sidebar-page.phpを読み込みたい場合

<?php get_sidebar(‘page’);?>

sidebar-blog.phpを読み込みたい場合

<?php get_sidebar(‘blog’);?>

とすることで固定ページで使うサイドバーとブログページで使うサイドバーを使い分けることができる。

まとめ

共通部分であるヘッダー、フッター、サイドバーはモジュールテンプレートにすることで一元化して管理することができる。

コンテンツごとにヘッダーなどを編集する必要がなくなるため効率アップにつながる。

また、固定ページやブログページでサイドバーを読み込むないようが違う場合は、「sidebar-page.php」と「sidebar-blog.php」を作成して、固定ページでは、「<?php get_sidebar(‘page’);?>」を読み込み、ブログページでは、「<?php get_sidebar(‘blog’);?>」を読み込む。

こうすることで、固定ページで読み込むサイドバーとブログページで読み込むサイドバーを使い分けることができる。

自分のサイトにあったようにカスタマイズしていくことが大切である。

この記事をシェアする
フォローする

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です