この記事をシェアする

スーサイドスクワットのあらすじ、キャスト、感想

あらすじ

 

 

 

アメリカ政府は大きな問題を抱えていた。
スーパーマンのようなスーパーパワーを持った者が味方ではなく、テロリストになったら一体政府はどのように対応すればいいのか。

そんな中、突然地下鉄で何者かによってテロ行為が発生する。
解決策を見出せずにいた政府は極端な手段を打って出ることに。
その手段とはベール・レイヴ刑務所に服役中の極悪ヴィランたちを召集して、得体の知れない最強の敵に立ち向かわせること。

秘密機関の司令官として任命されたのは”壁”として知られる冷酷な女アマンダ・ウォーラーだ。
彼女は減刑を餌に囚人たちを召集し、誰もがやりたがらない超危険なミッションを課すことにする。
集められたグループの名はタスク・フォースX、不可能ともいえる自殺行為のミッションを課せられたことから別名スーサイド・スクワッドと呼ばれるようになる。

もちろんかなりのハイリスク。
というのも囚人たちを一旦塀の外に出したら、そのうちの多くはおそらく戻ってこないからだ。
そこでアマンダ・ウォーラーはヴィランの首に爆発物をしかけ、命令に服従させるように仕向ける。
命令に背いたり、逃亡したりしたら、コントローラで即爆発させる・
1人口車に乗せたれ、逃げた際に爆破された。

スーサイド・スクワッドのメンバーは死刑や終身刑となって服役してい身であり、自由を得るためには任務を遂行しなければならない。

それでも法を破ることに関しては天才的な悪党だけに彼らの行動はいつだって予想外。
デッドショット、ハーレイ・クイン、キャプテン・ブーメラン、エル・ディアブロ、カタナ、そしてリーダーのリック・フラッグらは果たして力を合わせて素直にミッションを遂行するのだろうか?
もちろん答えはノーだ。
彼らにかかればどんな最悪な事態が待ち受けているかは誰にも予想できない。

主な登場人物

デットショット/演 ウィル・スミス

 

 

 

 

百発百中を誇る世界最高の狙撃手。

娘ゾーイにゾッコン。

ジョーカー/演 ジャレット・レト

 

 

 

 

 

 

 

バットマンでもおなじみのジョーカー。

「ジョーカー・トキシン」という薬を使い人々を苦しめる。

さらに高いナイフや銃、爆弾スキルなども持ち合わせていて予測不可能な人物。

ハーレイ・クイン/演 マーゴット・ロビー

 

 

 

 

 

 

もともとは、犯罪者専門の精神科医

患者だったジョーカーを診ている間に恋に落ち、ハチャメチャな女性に変貌する。

エル・ディアブロ/演 ジェイ・ヘルナンデス

 

 

 

 

炎を操ることができる能力者。

建物を燃やした過去がトラウマになっている。

キャプテン・ブーメラン/演 ジェイ・コートニー

ブーメランを武器に戦闘する。

ボサボサ頭と髭が特徴的。

カタナ/演 福原カレン

 

 

 

 

 

 

 

夫と息子を殺されたカタナは、アメリカに渡り悪と戦うことを決意する。

日本の武道である剣道をモチーフにしているであろう剣術を駆使して戦闘する。

カタナ役の福原かれんさんはキレイですね。

 

 

 

 

 

 

 

エンチャントレス/演 カーラ・デルヴィーニョ

 

 

 

 

 

不運にも悪魔に取りつかれてしまう美人探検家

エンチャントレスと悪魔の二面性を持ち合わせる。

キーラ・クロック/演 アドウェール・アキノエ=アグバエ

 

 

 

 

全身を鱗で覆われているワニ男。

銃弾をも跳ね返す鱗で覆われ、桁違いの腕力や強靭な歯を武器に戦う。

スリップ・ノット/演 アダム・スピーチ

 

 

 

 

強靭な縄を自在に操り壁を登ることができる。

縄でジワジワ敵をいたぶる戦闘方法である。

リック・フラッグ/演 ジョエル・キナマン

 

 

 

 

 

ウェスト・ポイントを卒業した陸軍特殊部隊の大佐である。

スーサイド・スクワッドのリーダーでもある。

アマンダ・ウォーラー/演 ヴィオラ・デイヴィス

 

 

 

 

スーサイド・スクワッドに命令する米国政府の高官である。

まとめ

アマンダ・ウォーラーが終身刑や死刑囚を集めて、スーサイド・スクワッドを形成するという物語。

低評価が多いみたいだが、見ていて楽しかったのが正直な感想だ。

どうしても、コミックを実写化しているので、コミック自体が好きな人が実写化されるのを嫌っているのではないかな。

まだ、見てない人は見ているといい。

この記事をシェアする
フォローする

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です