この記事をシェアする

教科書にないッ

あらすじ

初冬の日、初めて担任をもった公立乙女高校教師の大楽有彦は、学校帰りに同僚の教師の五月弥生と2人で飲んでいた。

その帰り道、座って煙草を吸っている高校生くらいの白樺綾を見つける。

五月先生の前でいい恰好ができると思い、大楽は綾を注意する。

そのことで大楽に興味を持った綾が次の日に乙女高校に転校してくる。

綾は勝手に大楽を「憧れの人」と言い張り、大楽のアパートに「卒業までの期限付き」で同棲を始める。

綾の親は、白樺組の組長であり、綾を守るように脅す。

大楽、綾、五月の三角関係を軸に、不良高校県立乙女高校や大楽のアパートを主な舞台にして、不良校らしい事件や騒動を描きながら物語が展開されていく。

主な登場人物

大楽有彦/演 馬場良馬

公立乙女高校の教師で、五月弥生に片思い中?

白樺綾/演 森川彩香

白樺組組長の娘で、大楽にタバコを吸っているところを注意され、翌日から公立乙女高校に転向する。

大楽のアパートに住みつく。

 

 

 

 

劇中でのお色気画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

劇中とは別のグラビア画像

五月弥生/演 片山萌美

公立乙女高校の教師で、大楽に思いを寄せる?

天然キャラみたいな感じである。

 

 

 

 

 

劇中での一コマ

 

 

 

 

 

劇中でのお色気シーン

 

 

 

 

 

 

 

劇中とは別のグラビア画像

腹筋が締まっていていい感じです♪

 

 

 

 

 

 

 

この方は、ヘアヌードもしているみたいです。

まとめ

お色気シーンもあり、恋愛もあり、少しの笑いもある作品でした。

大楽と五月と白樺を中心に物語が進んでいき、どことなく大楽を応援したくなるような雰囲気がある感じが好きです。

大楽との今後の三角関係が気になるところです。

この記事をシェアする
フォローする

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です