この記事をシェアする

アトピーとストレスの関係性は?

アトピーとストレスの関係性は?

日本では、アトピー性皮膚炎で悩む人が増えている。

アトピー性皮膚炎を発症すると、かゆみを伴う湿疹が、身体の色々な部位にできます。

アトピー性皮膚炎の患者は、皮脂の分泌量が少ないのが1番の特徴で、肌のバリアする機能が低下しているため、外部からの刺激に弱いのです。

アトピー性皮膚炎を発症する人は、アレルギーを起こしやすい体質の人に多く、症状が改善されたり、悪化したりする人も少なくありません。

アトピー性皮膚炎は、乳児にも多いです。

乳児の場合は、首の周りやひざの裏、ひじの内側に湿疹ができやすく、大人の場合は顔や首、背中などにできやすいです。

多くの日本人が悩んでいるアトピー性皮膚炎ですが、はっきりとした原因は未だにわかっていません。

本人や家族がアレルギーを起こしやすい場合、アトピー素因があると言われますが、アトピー素因があってもアレルギーが出ない人もいます。

ここ数年で、大人のアトピー患者が増加しています。

大人になって症状が改善された人も多いですが、一方で、大人になっても症状が改善されない人や、突然再発する人もいます。

大人の場合、不規則な生活や社会的ストレスが、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうことがあるので十分注意する必要があります。

親と一緒に暮らしていた時は、栄養が十分に取れていたのに、社会人になって一人暮らしになった途端、食生活が乱れてしまい、肌トラブルが発生してしまった人は少なくないはずです。

社会人になると、仕事によるストレスも増えます。

アトピー性皮膚炎にかかる人は、ストレスを感じると症状が悪化する人が多いです。

不安を感じたり、イライラしたり、精神的なストレスを感じていると、自律神経が興奮してホルモンバランスが不安定になります。

ホルモンバランスが不安定になると、免疫力が下がり、アレルギー反応も出やすくなります。

また、日々の緊張やストレスの影響で皮膚の水分量が減少すると、乾燥肌になりかゆみが出ることがあります。

規則正しい生活をして、栄養を十分に摂取しているのに症状が悪化したままの人は、ストレスがないかどうかチェックしてみた方がいいでしょう。

日本人は、我慢強い人が多いので、自覚症状はないのに実は長い間ストレスが溜まっていたという人は少なくありません。

自分では気が付かないうちに、心身が疲労していることは多いのです。

何らかの肌トラブルが発生した時は、身体のケアと同時に、心のケアもしてあげることで改善が早くなるケースもあります。

まとめ

アトピー性皮膚炎は現在も発生原因はわかっていません。

アトピー性皮膚炎は乳児にも多い。

大人では不規則な生活や社会的ストレスによってアトピー性皮膚炎を悪化させることがある。

ストレスにより、自律神経系が乱れてホルモンバランスが崩れてアレルギーが出やすくなる。

皮膚の水分量が減少するとかゆみなどがでる。

この記事をシェアする
フォローする

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です