この記事をシェアする

アトピーと食べ物の関係

アトピーと食べ物の関係

アトピーで痒みや湿疹が出るのは、体が体内の余計なものを外に出したがっている身体の防御反応です。

アトピーになりやすいのは、消化能力が低く、高たんぱく質・高カロリーな食事を十分消化できていないタイプの人です。

栄養学的には、身体をアレルギー体質にしていく食品は、植物油と牛・卵・肉群と考えられている。

逆に、アレルギー体質を防ぐのは野菜類と魚です。

基本的には、アトピーを改善するには和食を中心とした食事を基本に据えると良いです。

食べ物にはアレルギー反応を促進する食べ物と、アレルギー反応を抑える食べ物があります。

脂質栄養学では、健康を左右する食事と関係が深い脂肪酸に、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸とがあって、このどちらを摂取しているかでアレルギーのスイッチがONになるかOFFになるかが決まるということがわかっています。

オメガ3系脂肪酸は、αリノレン酸やEPA、DHAといったもので、よく動脈硬化予防のために摂取が勧められています。

αリノレン酸は緑黄野菜、海藻、えごま油、シソ油、亜麻仁油などに含まれています。

EPAやDHAは特に青魚に多く、特にイワシ、さば、サンマ、ぶりなどに含まれています。

オメガ3系脂肪酸にはアレルギー反応を抑える効果が期待できます。

一方、オメガ6系脂肪酸はリノール酸やアラキンドン酸のことです。

リノール酸は種実由来の油に多く、コーン油、菜種油、ごま油、ベニバナ油、米にも含まれています。

アラキンドン酸は肉類や卵に多く含まれています。

こちらはオメガ3系脂肪酸に対して、アレルギー反応を促進してしまうのでアトピーを悪化させてしまう可能性があります。

一般家庭ではサラダ油や食用油を使うことが多いですが、これらはほとんどがリノール酸なので、使う油の種類を変えた方がアレルギー反応がでにくくなるでしょう。

特に洋食に多く使う傾向があるので、和食にして魚を食べるようにすればアトピーを改善できる可能性があります。

オメガ3系脂肪酸をメインにした食事に切り替えると、アトピー体質を改善できるだけではなく、他に炎症性の病気を予防することもできます。

花粉症対策にも効果があります。

安価なサラダ油や肉が使えないのは不便に感じるかもしれませんが、消化しやすい和食に切り替えるだけでアトピーの痒みや湿疹から解放されるなら、試してみる価値はあるでしょう。

ただし、消化しやすいからといって食べ過ぎるのはNGです。

アレルギーのスイッチをOFFにしてくれるオメガ3系脂肪酸をメインにしたメニューをよく噛んで食べることが大切です。

まとめ

オメガ3系脂肪酸をメインにした食生活にすることでアトピー改善が期待できます。

アトピーが治らない人はオメガ6系脂肪酸を多く摂取していませんか。

食生活を改善することによりアトピーを改善できるかもしれません。

この記事をシェアする
フォローする

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です